犬の病気

2016/11/25

大腿骨頭切除手術

先日のブログで手術費用のご協力をお願いしていましたトイプードル・ハマチちゃん、今日11月25日、手術します hospital

術名 『大腿骨頭切除手術』 ハマチちゃん 頑張ろう~sign03

Hamati

Dsc01062 Dsc01071 Dsc01064

上の写真 ↑ 右の後脚の手術です。一泊二日の入院です・・ 

里親会では皆様に募金をお願いさせていただきましたが 手術費用の捻出にはまだまだ届きませんsweat01

引き続き ご支援、募金をお願いいたします m(_ _)m

 西宮市   Aさま  10,000円

 東大阪市  Tさま   5,000円

ご協力ありがとうございました m(_ _)m

ご支援は コチラ に振込先等を記載しています・・・

又 お振込みいただいた時は ご面倒ですが メールを頂けたらと思います・・・

まだ ダックス仔犬・エビくんの手術も控えていますので

ご協力 よろしくお願いいたします m(_ _)m

| | コメント (0)

2015/03/26

秋田犬「リク」くん

3月9日にあいこのおうちにやって来た秋田犬・『リク』くん!

Akitariku150218
フォークト小柳原田病といわれる遺伝性の自己免疫疾患を抱えています。

  ↓ ↓ ↓

[ 秋田犬・サモエド・ハスキーにおいて稀に見られる病気・・ 突然発症するブドウ膜炎(目の炎症)が主な症状です。同時に皮膚の色素の脱失がみられることもあります。

この病気は初期に積極的で迅速な免疫抑制療法を行わないと網膜や脈絡膜が致命的なダメージを受け失明することもあります。薬をとめると悪化する為非常に厄介な病気です。 ]

Timgd1086673残念なことに『リク』くんの現在の症状は、目が見えず、皮膚の退色があります。

でも・・

最初の数日でおうちの中の構造はすぐに覚えてくれます。


視力がないことからのパニックなども起こさず、穏やかな子です。


お散歩も上手にできますし、ペットシーツでもおしっこができます。

病気は『リク』くんの所為ではありませんweep 

自分の病気の事も知らず、懸命に生活をして、他のワンと同じようにいっぱい・いっぱい甘えますlovely 

これからも 体調を見ながらお薬を続けて行かなければいけません・・・

治療費も高額になります・・・

             でも、頑張りますupwardright

「あいこのおうち」には沢山の保護犬・保護猫がいます。。『リク』くんだけに愛情と治療費をかけるの難しい状態です・・・

こんな『リク』くんを見守って頂けるご家族に巡り会える事を願っています・・・

『リク』くんの里親にはなれないけれど、ご支援して頂けるようでしたら

メールaiko_miwa2008@yahoo.co.jpでご連絡いただいてから

                  こちら からお願いしますm(_ _)m

| | コメント (0)

2011/10/31

ダックス仔犬・ムックくん

動脈管開存症と診断されたダックス仔犬のムックくんMukkuh ですが

25日に検査hospitalして貰いました。早急に手術をしなければ生命にかかわるとの事でした。

今日 手術しましたhospital 手術は無事終わりました。 

順調にいけば 11月4日には退院できるそうです。

※ 検査費用 2万1千円    ※ 手術費用 35万円  です。

心臓のお薬を飲ませながら29日の里親会では他の仔犬達に交じって参加しました。

PhotoDscn2233_2             会場でも 募金活動をさせて頂きました。

 会場で   * 募金箱に  1万8,392円

        * 荒巻さま   1万円

        * 浅井さま   1万円      合計 3万8,392円 ご支援を頂きました。

          ご支援、ご協力 ありがとうございます

 お振込み・他で  * 田中さま   3,000円

            * 長谷川さま  3,000円

            * 神野さま   10,000円

            * 飯田さま    1,500円  

            * 嶋田さま   10,000円    合計  2万7,500円 ご支援頂きました。

             ありがとうございます <m(__)m>

手術費用+検査費用(37万1,000円)には まだまだ厳しいです・・・

これからも 募金・ご支援をお願いしたいと思いますので よろしくお願いいたします。

          *  こちら からお振り込みいただけます。

ムックくん、元気になって帰って来ると信じています!  応援して下さいね!

| | コメント (0)

2011/10/23

里親会のお知らせ♪ ご支援のお願い

              ★   ダックス仔犬ムックくんご支援・ご協力のお願い ★

Mukkuh12 10月4日に崩壊ブリダーから生後3ヶ月のダックスの仔犬ちゃんをレスキューしました。体重は3kg位の可愛い男の子です。

生後間もなく事故(他犬にかまれて)で右の耳がちぎれてしまいました。傷口は完治し 毛も生えています。

動物病院で健康診断を受けたところ 心臓に雑音がありました。他の病院で再検査して頂いたら『*動脈管開存症』と診断です。先天性のもので、手術をしなければ 余命数ヶ月との事・・・大変難しい手術の為、費用が高額です・・・ せっかく授かった小さな命!・・縁あってあいこのおうちにやって来た小さな命!!  何にも知らずに体力を調節しながら無邪気に遊ぶムックくんを救いたい・・!! 

ムックくんの小さな命を救う為、皆さまのご協力とご支援をお願いいたします

里親会会場に募金箱を設置させて頂きますのでご協力よろしくお願いいたします。

         < こちら からでもお振り込みいただけます >

* 先天性(生まれつき)の心臓病にはいろいろありますが、動物で一番多い病気がこの動脈管開存症といわれています。この病気は母体内にいるときに必要な血管(動脈管)が、出産後自然に閉鎖するはずなのですが、何らかの理由で閉鎖せず、そのまま残ってしまうことにより心臓や肺に悪影響を起こす病気です。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~ 

dogcat 里親会のお知らせ catdog

  日時 : 2011年 10月 29日(  12:00~17:00

  場所 : イオン箕面前 かやの広場

        大阪府箕面市西宿1-1 4-35  【 MAP 

              ≪ 雨天中止 ≫

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~ 

   ≪参加予定のワン・ニャンたち(体調などにより変更になる場合もあります)

Nunoh Huh2 Rurih

仔犬「ぬの」ちゃん・♀     仔犬「風(ふぅ)」くん・♂     仔犬「瑠璃(るり)」ちゃん・♀

 生後2~2.5ヶ月位・2.9kg   生後2~2.5ヶ月位・4kg     生後2ヶ月弱・2kg位

Dscn1802 Ruruh Popaih

Dscn9196 Runah2 Renah1

13190667801 Roru2jpg Rarah

| | コメント (3)

2011/08/31

「元気」くん、入院

昨日、水頭症のチワポメMix仔犬「元気Gennkih 」くんが入院しました。

脳圧を下げるお薬を投与する為です。

最近は異常なく 元気にしていて、ワクチンを接種しようかと獣医さんから言われていた矢先のことでした・・・

8月1日に「勇気」くんが入院、6日に退院して、1ヶ月が経ち、今は普通の生活をしています。

水頭症:『頭蓋骨の内部には脳質と呼ばれる空間があり、脳脊髄と呼ばれるクリアな水のような液体が満たされています。様々な要因で脳脊髄液が増えて溜まると脳室が大きくなって圧迫され、多くの神経症状が起きます。』

先天性水頭症の主な症状は、『嗜眠・活動性の低下・発作・痴呆・行動異常などの意識障害・不全麻痺・斜視・眼球振とう・筋硬直などの運動障害・視力障害・姿勢反応異常などの知覚障害などです。出生直後あるいはしばらくして、泉門の拡大や骨縫合線の離開を伴った頭蓋の拡張は早期に指摘できますが、神経症状は一般的に最初から伴わず、後になって発現するため、すぐにはわかりません。』

専門医の先生に診察して頂くのが遅れています・・・ご心配頂いているとは

思いますが、もう暫くお待ち下さい・・・

『勇気くん・元気くん募金』にご協力頂きました。

 * 松崎さまより   5,000円 お振り込みいただきました。

 * 生野さまより   30,000円 いただきました。

 * 天野さまより   3,000円 お振り込み頂きました。  

                      ありがとうございます。                              

| | コメント (4)

2009/10/21

アジソン病

9月27日の里親会に参加したダックスの「」ちゃんKatura2

新しいお家が決まり とても大事に、可愛がっていただいています lovely

里親の E さま 元気が無いので 病院へ連れて行って下さいました・・・

アジソン病と診断されたそうです・・・ pcGoogle』で検索しましたら

【 聞きなれない病名ですが、この病気の特徴的な症状はあまりなく、ある意味でははほとんど知られていない病気といえるでしょう。食欲減退、元気喪失、周期的な嘔吐や下痢、落ち着きがなく震えや失神が認められるなどの症状がありますが、これらはほかのいろいろな病気でも認められる症状です。したがって、診断が難しい場合があります。

しかし、最近の獣医学の発達により、この病気も徐々に発見できるようになってきました。診断はホルモン検査が中心となります。治療法としては、副腎の働きを強くする薬などを生涯にわたって投与する方法があります。

」ちゃんは「チャバタン」と名前を付けてもらいました。

チャバタンの里親さんの娘さんから あいこママにメールが届きましたmail

チャバタンですが・・・アジソン病です。急性ではなく、慢性的な持病だったみたいです。どうして気が付かなかったか、チャバタンがかわいそう。(中略)もう少し入院する予定です! 母は、編み物が好きで、チャバタンの服を編んでます。入院中のチャバタンは、婆ちゃんの愛情たっぷりの手作りベストを着てますよ!(後略)

チャバタンの保護経緯は

元飼い主さんが 『転勤の為 どうしても連れて行けないので』と云うことなので

「あいこのおうち」で里親さんを募集したワンです。

あいこママも 『大人しくて いい子! 毛質が少し悪いようだけど、フードと環境の変化によるストレスから??』 2週間足らずの「あいこのおうち」滞在では 診断出来なかった! 

元飼い主さんが もっと気をつけてあげていたら・・・

ワンはしゃべれないし、我慢強いです。

飼い主さんが体調の変化には十分気をつけてあげてください。

少しでもおかしいな??と思ったらとにかく病院へ連れて行ってあげてください。

 

| | コメント (0)